2021年8月からウェブサイトをプレオープン

「LGBTQ+」関連の用語集【意味・定義】

LGBTQ用語と定義

「LGBTQ+」に関連する用語の一覧です。随時追加しています。

この用語集を丸ごと流用することはご遠慮ください。単語ごとに部分的にウェブサイトで引用する際は、このページのリンクを記載して引用の方法に従って行ってください。

●アウティング outing 注意!
本人の同意なく、その人の性的指向・恋愛的指向・性自認を公表すること。問題行為とされる。⇒ 詳細はコチラ:「アウティングとは何ですか?

●アジェンダー agender 性自認
ジェンダーがない、もしくは自分にとってのジェンダーの概念を否定するか、意味がないとする人。広義のノンバイナリーに含めることもある。

アセクシュアル(アセクシャル)asexual 性的指向
誰にも性的に惹かれない性的指向(無性愛)。総称としても使われる。「Aセクシュアル(Aセクシャル)」と表記する場合もある。⇒ 詳細はコチラ:「アセクシュアルとは何ですか?

●アマトノーマティビティ amatonormativity 恋愛的指向 注意!
人は誰もが恋愛をして伴侶を持つという思い込み。「恋愛伴侶規範」とも呼ばれる。

●アライ ally
性的少数者を積極的に支援する行動をとる人のこと。

●アロジェンダー arogender 性自認 恋愛的指向
アロマンティックの人々が用いるジェンダー。ジェンダーはあるが恋愛の役割を果たさない。「アロジェンダーの少年」「アロジェンダーの女性」などと用いられる。

●アロセクシュアル(アロセクシャル)allosexual 性的指向
誰かに性的に魅力を感じる人。アセクシュアルの真逆で、マジョリティを意識させるために用いられる。略称は「Allo」。⇒ 詳細はコチラ:「アロセクシュアルとは何ですか?

●アロノーマティビティ allonormativity 性的指向 注意!
人は誰もがアロセクシュアル(性的魅力で他者に惹かれる)だという思い込み。

●アロフラックス aroflux 恋愛的指向
アロマンティックのスペクトラムの中で揺れ動く人。

●アロマンティック aromantic 恋愛的指向
誰にも恋愛的に惹かれない恋愛的指向。総称としても使われる。 略称は「Aro」。⇒ 詳細はコチラ:「アロマンティックとは何ですか?

●アロロマンティック alloromantic 恋愛的指向
誰かに恋愛的に魅力を感じる人。アロマンティックの真逆で、マジョリティを意識させるために用いられる。略称は「Allo」。単に「ロマンティック」と呼ぶこともある。

●アンドロジナス androgynous 性自認
男らしさと女らしさの特徴を併せ持つこと、そのどちらでもない特徴を持つこと、そのあいだの特徴を持つこと。

●アンドロジニー androgyny
典型的な男らしさと女らしさに当てはまらないこと。服装や行動など幅広い事柄に応用できる。性自認を問わずに使用できる。

●移行(トランジション)transition 性自認
自分のジェンダーを肯定し、嫌悪感や違和感を和らげるために、あるがままの自分を受け入れるか、積極的に変化しようとするプロセス。服装や髪形を変えたり、名前や代名詞を変えたり、性別適合手術を受けるなど。「性転換(sex change)」という言い方は控えた方がいいとされる。

●インターセックス intersex
二元論的・典型的な生理学的性の特徴を併せ持って生まれた人、もしくはどちらにも当てはまらない特徴を持つ人。日本では「DSD」という医学用語が使われることが多い。性自認を意味する用語ではないので注意。

●エース ace 性的指向
アセクシュアルの当事者が使う愛称。アセクシュアルの略語や総称としても用いられる。

●エースフラックス aceflux 性的指向
アセクシュアルのスペクトラムの中で揺れ動く人。広義のアセクシュアルに含めることもある。

●エーゴセクシュアル(エーゴセクシャル)aegosexual 性的指向
他者に性的に惹かれず性的関係を望まないものの、性的空想やポルノ、自慰などを楽しむことはするという性的指向。広義のアセクシュアルに含めることもある。「イーゴセクシュアル」と表記する場合もある。⇒ 詳細はコチラ:「エーゴセクシュアルとは何ですか?

●カミングアウト comingout
自分の性的指向・恋愛的指向・性自認を公表すること。⇒ 詳細はコチラ:「カミングアウトすべきですか?

●キュピオセクシュアル(キュピオセクシャル)cupiosexual 性的指向
他者に性的魅力は感じないものの、他者と性的関係を持つことを望んでいるという性的指向。⇒ 詳細はコチラ:「キュピオセクシュアルとは何ですか?

●クィア queer 性的指向 恋愛的指向 性自認
性的少数者全般を指す。

●クィア・ベイティング queer-baiting 注意!
性的少数者であるかのように曖昧にほのめかして世間の注目を集める手法。問題行為とされる。

●クエスチョニング questioning 性的指向 恋愛的指向 性自認
自分の性的指向・恋愛的指向・性自認が不確かであること。

●グレージェンダー graygender 性自認
ジェンダーに対する意識が低いか、性自認や性表現への関心が弱い人。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●グレーセクシュアル(グレーセクシャル)graysexual 性的指向
他者に滅多に性的に惹かれない、ごくわずかな性的魅力しか感じないという性的指向。広義のアセクシュアルに含めることもある。⇒ 詳細はコチラ:「グレーセクシュアルとは何ですか?

●グレーロマンティック grayromantic 恋愛的指向
他者に滅多に恋愛的に惹かれない、ごくわずかな恋愛的魅力しか感じないという恋愛的指向。

●クロス・オリエンテーション cross orientation 性的指向 恋愛的指向
性的指向と恋愛的指向が一致しないこと。「mixed orientation」とも呼ばれる。

●クワセクシュアル(クォイセクシュアル)quoisexual 性的指向
何が性的魅力なのかがわからない、もしくは性的指向は自分には有用ではない・関係ない・定義したくないという考えや立場。

●クワロマンティック(クォイロマンティック)quoiromantic 恋愛的指向
何が恋愛的魅力なのかがわからない、もしくは恋愛的指向は自分には有用ではない・関係ない・定義したくないという考えや立場。⇒ 詳細はコチラ:「クワロマンティックとは何ですか?

ゲイ gay 性的指向 恋愛的指向
男性同士で惹かれる指向(同性愛)。もしくは同性愛全般。また性的少数者全般を指す総称。

●ゲイ・パニック・ディフェンス gay panic defense 性的指向 恋愛的指向 注意!
ゲイに対する暴行や殺人を行った加害者を擁護・弁護するために行われる法的な抗弁の一種。トランスジェンダーが被害者の場合は「トランス・パニック・ディフェンス」という言葉を用いることもある。

●サピオセクシュアル(サピオセクシャル)sapiosexual 性的指向
他者の知性に性的魅力を感じるという性的指向。 ⇒ 詳細はコチラ:「サピオセクシュアルとは何ですか?

ジェンダー gender 性自認
生理学的“性”を超えて自己理解と自己認識に基づき「自分は何者なのか」を思考して見いだされた性別。

●ジェンダークィア genderqueer 性自認
ジェンダーが二元論的な概念の外側か、超越したところに存在する人。

●ジェンダー・ニュートラル gender neutral 性自認
中立的なジェンダーを持っている人。二元論的な男女の間か、男女どちらも関係ないと感じる。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●ジェンダー・ノンコンフォーミング gender nonconforming 性自認
ジェンダーが二元論的な規範と違うかたちで認識したり、表現したりする人を指す総称。

●ジェンダーフラックス genderflux 性自認
ジェンダーに関する経験が激しく変化する人。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●ジェンダーフルイド genderfluid 性自認
変化するジェンダーを持っている人。 広義のノンバイナリーに含めることもある。

●ジェンダーボイド gendervoid 性自認
ジェンダーを経験できない空虚な場所があるように感じる人。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●ジェンダーレス genderless 注意!
日本ではほぼ和製英語化しており、「性別を気にしない」くらいの軽いニュアンスで使われる。性的指向や性自認とは関係ない言葉であり、性的少数者の中にはこの言葉も嫌う人も少なくないので注意。

シスジェンダー cisgender 性自認
出生時に決められた性別と、自分が自認するジェンダーが同じであること。トランスジェンダーの真逆で、マジョリティを意識させるために用いられる。略称は「シス」。

●シスノーマティビティ cisnormativity 性自認 注意!
人は誰もがシスジェンダーだという思い込み。

●ストレート straight 性的指向 恋愛的指向
ヘテロセクシュアルのことだが、同性愛者のコミュニティで使われる俗語。

●ストレートウォッシュ straightwashing 性的指向 恋愛的指向 注意!
映像作品などで本来はマイノリティな性的指向・恋愛的指向のキャラクターを異性愛者として(もしくは異性愛規範に都合がいいように)描写すること。問題行為とされる。

●スプリット・アトラクション・モデル split attraction model(SAM) 性的指向 恋愛的指向
魅力を性的魅力と恋愛的魅力に分け、性的指向と恋愛的指向を位置づける考え方。

●性自認 gender indentity 性自認
自分のジェンダーをどう自覚しているかということ。「性同一性」という訳語が使用されることもある。

●性的指向 sexual orientation 性的指向
どんな相手に性的魅力を感じるか、または感じないかということ。「性的嗜好」と表記するのは誤り。

●性表現 gender expression 性自認
自分のジェンダーをどう表現するかということ。服装、髪形、メイク、声、しぐさ、名前、代名詞など。

●性別 sex
女性・男性・インターセックスといった生理学的な違いに関連するもので、出生時の生理学的な特徴に基づいて割り当てられる。英語では「natal sex」とも呼ぶ。「ジェンダー」とは意味が大きく異なるので注意。

●性別違和 gender dysphoria 性自認
出生時に決められた性別と性自認のジェンダーが一致しないことから生じる苦痛や不快感。以前は「性同一性障害(gender identity disorder; GID)」と呼ばれていた。最近は「gender incongruence」と呼ばれたりもする。

●性別多幸感 gender euphoria 性自認
ジェンダーが肯定されたことで得られる幸福感や心地よさ。

●デッドネーミング deadnaming 性自認 注意!
変更以前の出生時の名前や戸籍上の名前を本人の合意なく使うこと。問題行為とされる。

●デミジェンダー demigender 性自認
あるジェンダーに部分的に結びつきを感じている人。「デミガール」「デミガイ」「デミノンバイナリー」などのラベルがある。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●デミセクシュアル(デミセクシャル)demisexual 性的指向
強い感情的な絆ができた相手に対してのみ性的に惹かれるという性的指向。広義のアセクシュアルに含めることもある。 ⇒ 詳細はコチラ:「デミセクシュアルとは何ですか?

●デミロマンティック demiromantic 恋愛的指向
強い感情的な絆ができた相手に対してのみ恋愛的に惹かれるという恋愛的指向。

●ドラァグクイーン drag queen
衣装やメイクで女性らしさを身にまとってエンターテインメントのためにパフォーマンスをする人(たいていは男性)。トランスジェンダーとは限らない。

●トランスジェンダー transgender 性自認
出生時に決められた性別(sex)と、自分が自認するジェンダーが異なること。略称は「トランス」。「体と心の性別が異なる」「生物学的な性別と異なる」といった説明は誤解を招くことがあるので注意。

●トランスジェンダリズム transgenderism 性自認 注意!
トランスジェンダーを指すが、この用語はトランスジェンダーを差別する人たちの間でよく使用される。使用は控えた方がいい。

●トランスフォビア transphobia 性自認
トランスジェンダーの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。派生語として「トランスフォビック(transphobic)」「トランスフォーブ(transphobe)」がある。

●トランスフェミニン transfeminine 性自認
女性的な性表現をするトランスジェンダーの人。

●トランスマスキュリン transmasculine 性自認
男性的な性表現をするトランスジェンダーの人。

●ニュートロワ neutrois 性自認
ジェンダーが中立、もしくは存在しない人。性別適合手術など医療行為と関連して語られることが多い。広義のノンバイナリーに含めることもある。

●ノンセクシュアル(ノンセクシャル)性的指向
他者に性的に惹かれないものの、恋愛はするという性的指向。主に日本語圏でのみ使われる。広義のアセクシュアルに含めることもある。⇒ 詳細はコチラ:「ノンセクシュアルとは何ですか?

●ノンバイナリー nonbinary 性自認
ジェンダー二元論にとらわれないジェンダーの自認のこと。総称としても、特定のラベルとしても扱われる。当事者の間では 「enby」が愛称として使用されることもある。ノンバイナリーの人がみんなトランスジェンダーであるわけではない。

●ノンバイナリーフォビア nonbinary phobia 性自認 注意!
ノンバイナリーの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。「enbyphobia」とも呼ばれる。

●バイジェンダー bigender 性自認
2つのジェンダーを持つ人。

●バイセクシュアル(バイセクシャル)bisexual 性的指向
2つのジェンダーに性的に惹かれる性的指向(両性愛)。 パンセクシュアルとの定義の違いはやや曖昧。

●バイフォビア biphobia 性的指向 恋愛的指向 注意!
バイセクシュアルの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。派生語として「バイフォビック(biphobic)」「バイフォーブ(biphobe)」がある。

●パンセクシュアル(パンセクシャル)pansexual 性的指向
あらゆるジェンダーに性的に惹かれる性的指向(全性愛)。

●パス(パッシング)passing 性自認
トランスジェンダーなどと露骨に判断されることなく、他人に疑われることもなく、自分の望むジェンダーそのままに社会で通用できること。最近はこの用語の利用を控える動きもある。

●ピンクウォッシュ pinkwashing 注意!
組織や国などによる不正や不祥事から注意をそらすために、LGBTQ関連の事項を肯定的に話題に持ち上げて利用すること。

●フレイセクシュアル(フレイセクシャル)fraysexual 性的指向
深い関係性がない他者にのみ性的に惹かれ、その人を知るにつれて性的魅力を感じなくなる性的指向。⇒ 詳細はコチラ:「フレイセクシュアルとは何ですか?

●ヘテロセクシュアル(ヘテロセクシャル)heterosexual 性的指向
異性に性的に惹かれる性的指向(異性愛)。ホモセクシュアルの真逆で、マジョリティを意識させるために用いられる。略称は「ヘテロ」。

●ヘテロノーマティビティ heteronormativity 性的指向 恋愛的指向 注意!
人は誰もが異性愛者だという思い込み。「異性愛規範」とも呼ばれる。

●ヘテロフレキシブル heteroflexible 性的指向 恋愛的指向
基本的に異性の人に惹かれるが、ときおり同性に惹かれたこともある人。

●ホモセクシュアル(ホモセクシャル)homosexual 性的指向
同性愛。ただし蔑称と扱われることもある。「ホモ」は蔑称。

●ホモソーシャル homosociality 注意!
男性優位性を確保するために構築される性的・恋愛的ではない男同士の関係性からなる集団。往々にして女性差別や同性愛差別の傾向がみられる。

●ホモフォビア homophobia 性的指向 恋愛的指向 注意!
同性愛の人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。派生語として「ホモフォビック(homophobic)」「ホモフォーブ(homophobe)」がある。

●ホモフレキシブル homoflexible 性的指向 恋愛的指向
基本的に同性の人に惹かれるが、ときおり異性に惹かれたこともある人。

●ポリアモリー polyamory
同時に複数の人と互いの同意のもとで性的もしくは恋愛的関係を持つ人。

●マイクロアグレッション microaggression 注意!
日常的に意図せずに起きる差別的な言動のこと。

●マイクロラベル microlabel 性的指向 恋愛的指向 性自認
ある性的指向・恋愛的指向・性自認のラベルを大きな枠と考えて、そこからさらに小さな、より複雑に細分化したラベルのこと。例えば、アセクシュアルのマイクロラベルにはデミセクシュアルやグレーセクシュアルなどがある。

●マルチジェンダー multigender 性自認
複数のジェンダーを持つ人。

●ミスジェンダリング misgendering 性自認 注意!
本人の性自認と異なる性別で扱うこと。問題行為とされる。

モノガミー monogamy
同時に1人の人としか同意のもとで性的もしくは恋愛的関係を持たない人。ポリアモリーの真逆。

●モノセクシュアル(モノセクシャル)monosexual 性的指向
1つのジェンダーに魅力を感じること。

●レインボーフラッグ
性的少数者の連帯(LGBT)を象徴する旗。

●レズビアン lesbian 性的指向 恋愛的指向
女性同士で惹かれる指向(同性愛)。「レズ」は蔑称。当事者の間では「ビアン」が愛称として使用されることもある。

●レズビアン・イレイジャー lesbian erasure 注意!
男性の同性愛ばかりで女性の同性愛の存在が過小評価されること。

●恋愛的指向 romantic orientation 恋愛的指向
どんな相手に恋愛的魅力を感じるか、または感じないかということ。

●Aスペクトラム a-spectrum 性的指向 恋愛的指向
広義のアセクシュアルやアロマンティックを合わせた総称。

●Aフォビア aphobia 性的指向 恋愛的指向 注意!
Aスペクトラムの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。

●Aceフォビア acephobia 性的指向 注意!
アセクシュアルの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。

●Aroフォビア arophobia 恋愛的指向 注意!
アロマンティックの人々に対する思い込みや誤った情報。偏見・差別・暴力などに繋がる。

●FTM 性自認
「female to male」の略。トランスジェンダー男性のこと。

●LGBT 性的指向 恋愛的指向 性自認
性的少数者の連帯を示す言葉。「LGBTQ」「LGBTQ+」「LGBTQIA」などの派生がある。

●MTF 性自認
「male to female」の略。トランスジェンダー女性のこと。

●SOGI(ソジ)性的指向 性自認
「Sexual Orientation & Gender Identity」の頭文字で、マイノリティかどうかに限らず全ての性的指向と性自認を表わす。

●SWERF 注意!
セックスワーカー排除的ラディカルフェミニスト。セックスワーカーに対して差別的なフェミニストのこと。

●TERF(ターフ)性自認 注意!
トランス排除的ラディカルフェミニスト。トランスジェンダーに対して差別的なフェミニストのこと。

●Xジェンダー x-gender 性自認
男性でも女性でもないジェンダー。日本で使われ、日本独自の文化や歴史のある言葉(海外ではほとんど使われない)。「ノンバイナリー = Xジェンダー」ではない。広義のノンバイナリーに含めることもある。