Twitterでも情報をお知らせ!

アセクシュアルやアロマンティックの人はバレンタインデーを嫌っていますか?

AセクAロマはバレンタインデーが嫌い?
Q
アセクシュアル(アセクシャル)やアロマンティックの人はバレンタインデーが嫌いなのですか?
A

いいえ。そういうわけではありません。アセクシュアルやアロマンティックだからといってバレンタインデーが必ず嫌いになるとは限りません。

バレンタインデーが嫌い?

せんぱい
せんぱい

2月14日は「バレンタインデー」ですね。

こうはい
こうはい

そうですね。日本はついこの前まで「節分だ、豆だ、恵方巻だ」と言っていたのに急に今度はチョコレートに様変わりするから忙しいですよね。

せんぱい
せんぱい

バレンタインデーと言えば一般的には何をする?

こうはい
こうはい

それは…やっぱり女性が好きな男性にチョコをあげる…ってやつになるのかな…?

せんぱい
せんぱい

うん。バレンタインデーは恋愛に絡んだイベントという認識が社会では定着しているね。

こうはい
こうはい

となると恋愛をしないアセクシュアル・アロマンティックの人はバレンタインデーが嫌いなのかな?

せんぱい
せんぱい

う~ん、どうだろうか。まずアセクシュアル・アロマンティックだからといってバレンタインデーが必ず嫌いになるってわけではないと思う。

こうはい
こうはい

そういうもの?

せんぱい
せんぱい

もちろんバレンタインデーなんて嫌いだ!何も楽しくない!…と思う人もいるだろうけどね。でもそれはアセクシュアル・アロマンティックなどの性的指向や恋愛的指向に関係なく、アセクシュアル・アロマンティックじゃない人でもバレンタインデーが嫌だという人はいるよね。

こうはい
こうはい

まあ、確かにそうですね。バレンタインデーに全然興味ない人は周りにも普通にいるか…。

そもそもバレンタインデーって?

せんぱい
せんぱい

そもそもバレンタインデーって何か知っている?

こうはい
こうはい

日本発祥のものではないよね?

せんぱい
せんぱい

本来のバレンタインデーはキリスト教圏の祝いの日であり、宗教色が強いよ。

こうはい
こうはい

クリスマスと同じだね。

せんぱい
せんぱい

269年にローマ皇帝の迫害で殉教した「聖ウァレンティヌス」に由来するというのがよく知られた定説で、このウァレンティヌスは婚姻が禁止された兵士のためにこっそり秘密で結婚式をしてあげていたんだ。それで処刑になった。だからカップルの日になったんだね。

こうはい
こうはい

チョコは?

せんぱい
せんぱい

チョコは日本独自の要素なんだよね。日本では1970年頃に「女性が男性に対して愛情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したとされているよ。

こうはい
こうはい

なんでまたチョコ?

せんぱい
せんぱい

おそらくチョコを売りたい店側の狙いがあったのだろうと言われている。実際にこの時期はとんでもなくチョコが売れるようになったよ。

こうはい
こうはい

なんか元も子もない利益ありきの理由だよね。

せんぱい
せんぱい

現実なんてそんなものだよ。とにかく日本では当初は「女性が男性にチョコを贈る」という形式で広まった。そのためしだいに不満も蓄積されていったね。

こうはい
こうはい

女性だけが負担になるもんね。

せんぱい
せんぱい

なぜ女性だけがわざわざ男性にチョコを渡さなければならないのか。しかも日本は面倒な序列社会だから義理チョコなんてものまで職場などで暗黙のうちに定着したり…。

こうはい
こうはい

日本は面倒くさいな…。

せんぱい
せんぱい

さすがにその不満を業界も理解したのか、恋愛市場の限界が見えたと判断したのか、最近は「女性が男性に」という一方通行を強調しなくなってきたね。友達とか自分用にチョコを買うのも宣伝されるようになったし、普及もしている。

こうはい
こうはい

業界はチョコを売りたいだけだもんね。

せんぱい
せんぱい

そういう変化もあってか、最近は日本でもバレンタインデーにおける「女性が男性に」という一方通行に起因する忌避感も減ってきてはいるかもしれないね。

バレンタインデーを楽しむ人もいる

こうはい
こうはい

アセクシュアル・アロマンティックの話に戻るけど、アセクシュアル・アロマンティックの人でもバレンタインデーを楽しむことってあるのかな?

せんぱい
せんぱい

あり得ると思うし、それはおかしいことではないよ。

こうはい
こうはい

そうなの?

せんぱい
せんぱい

英語圏では「Attraction is not Action」というフレーズがアセクシュアル・アロマンティック界隈ではよく使われる。

こうはい
こうはい

どういうこと?

せんぱい
せんぱい

アセクシュアル・アロマンティックは「性的魅力(sexual attraction)や恋愛的魅力(romantic attraction)を他者に抱かない」というだけであって、「行動(action)しない」という意味ではないということだね。

こうはい
こうはい

ほうほう。

せんぱい
せんぱい

つまり、性的魅力や恋愛的魅力を感じていなくても、デートをしたり、パートナーを持ったりする人はいる。

こうはい
こうはい

まあ、そうだよね。

せんぱい
せんぱい

だからアセクシュアル・アロマンティックの人でもバレンタインデーに合わせて一緒に出かけたり、チョコをプレゼントしたりする人もいると思うよ。

こうはい
こうはい

なるほど。

せんぱい
せんぱい

とくに異性にチョコをあげれば恋愛感情だと早合点されるリスクはあるのだけど、そういうふうに考えるのはやめてほしいよね。

こうはい
こうはい

チョコと恋愛は別物!

せんぱい
せんぱい

バレンタインデーが近づくとチョコ系のスイーツの新商品がたくさん発売されるから、それを個人的に楽しみにしているスイーツ好きのアセクシュアル・アロマンティックの人もいるだろうし…。

こうはい
こうはい

チョコ好きには嬉しいイベントだね。

せんぱい
せんぱい

一方で恋愛伴侶規範が濃い環境に晒されているアセクシュアル・アロマンティックの人はバレンタインデーは圧迫感が増すので嫌だと思うかもしれない。だからバレンタインデーが苦手だと思っても別に変じゃないよ。

こうはい
こうはい

その人がどんな環境にいるかでも違うよね。

せんぱい
せんぱい

とりあえずアセクシュアル・アロマンティックであってもバレンタインデーとの向き合い方は三者三様、人それぞれってこと。変な決めつけをせずに、個人の意思を尊重しましょう。

次のオススメな疑問解決

編集部コメント

アセクシュアルやアロマンティックといったAスペクトラムの人でも、バレンタインデーが嫌いかどうかは個人で違います。バレンタインデーを楽しんでいる人もいます。勝手に決めつけないようにしましょう。

類似質問ワード
「Aセクシュアルはバレンタインデーが嫌い?」
「Aセクシャルはバレンタインデーが嫌い?」
「Aセクはバレンタインデーが嫌い?」