2021年8月からウェブサイトをプレオープン

アセクシュアル・アロマンティックは最近の流行りなのですか? 新語ですか?

AセクAロマは流行り?
Q
アセクシュアル(アセクシャル)やアロマンティックというのは最近の流行なのですか? 新しく作られた言葉ですか?
A

いいえ。流行ではありません。アセクシュアルやアロマンティックは昔からずっと社会に存在していますし、言葉にも歴史があります。

流行りではありません!

こうはい
こうはい

「アセクシュアル」とか「アロマンティック」って最近の流行なんだよね?…と言ってくる人がいたんだけど…。

せんぱい
せんぱい

う~ん、残念ながらそういう発言をする人はいるんだよね…。しかもあちこちに…。

こうはい
こうはい

でも実際に最近になってからこの言葉を聞くようになったと思っている人も多いと思います。

せんぱい
せんぱい

それはインターネットやSNSが発達して情報が簡単に拡散しやすくなったからだと思うよ。日本では「LGBT」の話題が2010年代後半からグっと増えたというのもあるね。メディアが関心を持ちだすと言葉の認知や普及も加速するよね。

こうはい
こうはい

じゃあ、アセクシュアルやアロマンティックは最近になって流行り出した…とかではないの?

せんぱい
せんぱい

そうなんだ。アセクシュアルやアロマンティックはみんなが思っている以上に歴史があるんだよ。

こうはい
こうはい

どれくらい昔からあるの?

せんぱい
せんぱい

もちろん人類が地球に誕生したときからアセクシュアルやアロマンティックのような性的に惹かれない人・恋愛的に惹かれない人はいたと思う。資料として残りようがないけどね。

こうはい
こうはい

そりゃそうだね。原始人は本もブログもSNSも書いてないもんね。

せんぱい
せんぱい

明確な資料がある歴史についてなら、今からかいつまんで話をしていこう。

“始まり”から権利と平等を求めていた

せんぱい
せんぱい

アセクシュアルのような「望んで性的関係を持たない」という生き方を高らかに主張した最初の出来事。それは19世紀に遡るよ。

こうはい
こうはい

19世紀。1800年代だね。

せんぱい
せんぱい

ちょうどその時期、イギリスなどヨーロッパの列強諸国を中心に「フェミニズム」の活動が活発になったんだ。フェミニズムというのは女性が男性と平等の権利を獲得するための権利運動のことだね。

こうはい
こうはい

それとアセクシュアルやアロマンティックに何の関係が?

せんぱい
せんぱい

当時は、女性は伴侶の男性と性的関係を持つのが正しい姿とされていたのだけど、フェミニストたちの一部はこれに異を唱えたんだ。例えば、イギリスの婦人参政権論者の「エリザベス・ウォルステンホルム・エルミー」は性的欲求は自然なものではないと主張したよ。

当時のフェミニストは「サフラジスト」と呼ばれていました。

こうはい
こうはい

なるほどね。そういう流れがあったんだね。

せんぱい
せんぱい

もちろん当時のこの主張はアセクシュアルを意識したものではなかったかもしれない。でも今のアセクシュアルにも大きな影響を与える出発点になったよね。

こうはい
こうはい

100年以上も前にアセクシュアルの原点があったのかぁ…。

せんぱい
せんぱい

さらに1907年。アメリカ最初のゲイ活動家として有名な「カール・シュレーゲル」がアセクシュアルの権利についても同性愛や両性愛と並べて平等を主張したんだ。

こうはい
こうはい

アメリカでもそんな昔から!

せんぱい
せんぱい

ここで大事なのは「同性愛や両性愛と並べて」というところだね。要するにもうこの頃からアセクシュアルは他の性的少数者と同じステージに立って、平等の権利を訴えていたんだよ。

こうはい
こうはい

アセクシュアルだけ仲間外れだった…ということではないんだね。

せんぱい
せんぱい

しかもこの「カール・シュレーゲル」は「asexual」という言葉もしっかり使っているんだよ。

こうはい
こうはい

言葉としてもそんな前から使われていたってことは、やっぱりアセクシュアルは新語でも何でもないね。

2000年代にリニューアル

こうはい
こうはい

アセクシュアルはわかったのだけど、アロマンティックはどうなの?

せんぱい
せんぱい

概念は昔からあったよ。1879年に、性科学者でゲイ権利運動の先駆者とされる「カール・ハインリッヒ・ウルリッヒス」は性愛と恋愛を分ける考えを提唱したんだ。

こうはい
こうはい

性的魅力と恋愛的魅力を分ける今の考え方に近いね。

せんぱい
せんぱい

1979年には、心理学者の「ドロシー・テノフ」が、ロマンティックな魅力からくる精神状態を「limerent」と表現し、その状態がないことを「non-limerent」と位置付けたりもした。

こうはい
こうはい

アロマンティックにちょっと似ているね。

せんぱい
せんぱい

「aromantic」という恋愛的指向のひとつを示す単語自体は、2000年代に入ってすぐ初期に整理されて生まれたんだ。つまり、概念としては以前からあったけど、2000年代始めにリニューアルした…みたいな感じだね。

こうはい
こうはい

リニューアルね。

せんぱい
せんぱい

そう、1900年代のアセクシュアルも用語としての定義が曖昧だったから当事者もまとまりづらかったんだ。そこで2001年にアセクシュアル最大のオンライン・コミュニティ「The Asexual Visibility and Education Network(AVEN)」が設立されたのを機に議論が活発化。用語の定義も定まって「アセクシュアル」「アロマンティック」として今の意味に至るよ。

こうはい
こうはい

じゃあ、最近の流行りではなくて、最近になってコミュニティとしての土台ができたというべきなのかな。

せんぱい
せんぱい

まあ、そうだね。当事者コミュニティとしての運動がやっと地に足ついて本格化し始めたね。

これからの歴史は私たちが作る

こうはい
こうはい

アセクシュアルやアロマンティックは最近の流行語…みたいな主張は大間違いだとわかりました。

せんぱい
せんぱい

中にはアセクシュアルやアロマンティックは最近になって生まれたインターネット用語だから、ゲイやトランスジェンダーと比べて歴史が浅いので議論に加えるのは早いと言い放つ人もいるけど、それはデタラメもいいところだよ。

こうはい
こうはい

うん、そうだよね。100年以上昔からあって、しかも権利を訴え続けてきたんだから。

せんぱい
せんぱい

アセクシュアルやアロマンティックの当事者は何も流行りに乗っかっているわけではない。これはファッションとか趣味の話ではないし、振る舞いの問題でもないんだ。自分のアイデンティティに悩みながら、必死に生き方を模索し、そして声をあげてきた。その脈々と継承してきた歴史そのものだ。ただのラベルじゃない。だから無知でバカにされると腹が立つよ。

こうはい
こうはい

あまりその歴史は語られないからわかってもらえてないけどね。

せんぱい
せんぱい

当事者もこんな歴史があったなんて知らない人も多いと思う。でも歴史を知ると勇気をもらえることもある。先人たちが苦悩と闘いで築き上げたものの上に今の私たちは立っているからね。

こうはい
こうはい

「ありがとう」という感謝の気持ちと同時に、自分も未来に繋がる歴史の一部に立っているのかもと思っちゃうね。ちっぽけな存在だけど。

せんぱい
せんぱい

そう、きっと50年後、100年後、私たちが歴史の一部になるときが来る。その未来に「この時代のアセクシュアルやアロマンティックの人は何をしていたの?」と言われたとき、何と答えられるか、それは今の私たちの行動にかかっているのかもね。

こうはい
こうはい

何ができるかな…。

せんぱい
せんぱい

とりあえず「アセクシュアルやアロマンティックはただの流行りだ」という誤解や偏見を吹き飛ばしてみようか。もしそう言われたら…。

こうはい
こうはい

「違います。勉強でもしてください」って言い返してやろうかな。

次のオススメな疑問解決

編集部コメント

アセクシュアルやアロマンティックは流行(トレンド)ではありません。新語でもありません。歴史があります。

今回の紹介した歴史はほんの一部です。より詳細なアセクシュアルやアロマンティックの歴史を年表形式で以下の別記事で整理しているので参考にしてください。